東京~博多に新幹線を使うということ

本記事は,JR東海ツアーズの宣伝です(笑)。嘘です。でもちょっとだけ本当です。

2014年3月に,九州に行きました。
元々は,親戚の法事のためだったのですが,九州に行くことなどそういう機会を捕まえないとなかなかないので,ついでに軽く旅行することにしました。
ただ旅行については,そんなに書くことがありません。一言でだけ感想を書けば,「やはり行ったことがない土地に行ったり歩いたりするのは気分がいいなあ」ということです。
JR九州について思ったことと,熊本の漱石旧居跡を訪れたことはもしかしたら後で取り上げるかもしれません。

———————-

さて本記事では,「東京~博多の往復に新幹線を使った」ということについて書きます。

そう,新幹線で行きました。東京から九州に行くのに,9割以上の人は飛行機を使うのではないでしょうか?実際,今回僕は往復とも新幹線を乗り通しましたが,少なくとも乗車した座席の周囲では,自分以外で始発から乗って終点まで降りなかった人はいませんでした。博多~名古屋とか,広島~新横浜とかはいましたけどね。

さて,では何故僕は新幹線を使ったのか?ということについて,(1)飛行機が苦手だから,(2)新幹線に乗ること自体が楽しみだから,(3)不自由な時間というのも大切だと思うから,(4)想像以上に安いプランがあったから,という4点に分けて述べます。

(1)ですがはっきりいってこれが一番大きいです。飛行機が何故落ちないのかが分かりません(笑)。勿論必要な時には乗りますが,プライベートで好き好んで乗りたいとは決して思いません。
ちなみに僕だけじゃなく,両親も飛行機が嫌いで,今回も,移動は別でしたがやはり陸路で九州まで往復しました。また今回,九州にいる伯母に聞いたのですが,昔僕が母に連れられて九州に夏休みに行った時に,日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落した事故が起きて,テレビでニュースを一緒に見ながら「怖いねえ」と話したのをよく覚えているとのことでした。
もしかしたらそれが一家の飛行機嫌いの原点だったのかもしれません。その後,物心ついた後も,飛行機で九州に行った記憶はありません。

(2)については説明は不要でしょう。僕が所謂「乗り鉄」なのかもしれませんが。端的に言えば,乗ることも旅行の重要な要素の1つです。
ところで,新幹線に限らないですが,僕はいわば「乗り鉄指数」とでも言うべきものを,「(乗り心地 * 乗車時間) / 値段」で表せると考えています。この指数は,値段が安く,乗り心地がよいほうが大きくなるのはいいと思いますが,時間がかかればかかるほど大きくなります。これは速達性を重視すれば逆なのですが,快適な電車には長い時間乗っていられるほうが嬉しいのです。
(乗り心地 * 乗車時間) は,東京~博多などはトップクラスでしょう (新幹線は乗り心地がいいかは意見が分かれるかもしれませんが自分にとっては最高です)。ただ値段は高いですが,後述の (4) を利用すれば意外なほど安く済みます。
他には,「ぷらっとこだま」などもかなり高ポイントだとかねがね思っています。未だ利用したことはありませんが,いずれ京都辺りに行ってみたいものです。

(3)ですが,これは図書館に行くのに感覚としては似ています。自分で所有する本を読むという行為は,物理的には家でもいいのですが,ついネットをしてしまったりという禁断症状が現われます(笑)。図書館はパソコンが手元にないし,携帯電話 (スマホ) をいじる気にもあまりならず,読書に集中できます。
つまり,移動に長時間かかるというのは,いくらでもプラスに考えることができるということです。普段できないことをできるということで,寧ろ贅沢であり,時間がかかるというのをネガティブに考えることはない,と思います。尤も一人だからそうであり,微妙な間柄の人と一緒だったりすると苦痛かもしれませんが。

(4)は,JR東海ツアーズの「ビジネス&シングルルームプラン」というもので,(私が利用した平成26年3月までの値段ですが) 東京~博多の往復ののぞみ利用代金 + 1泊で33,300円~で済みます。
これは,東京~博多の通常期の普通車指定席が片道 22,320円かかることからも,いかに安いかが分かります。1人で申し込めるのもいいですね。こういう宿付き格安プランは,2人以上というのも結構あるので。それと私もそうでしたが,出張じゃなくて普通に旅行で使えます。
また,往復+1泊以上という条件さえ満たせば,帰りは何日後でも (最大13日後) いいし,連泊割引があったりもします。

…というわけで,東京~博多に新幹線を使うことについて述べてみました。他にも,車窓からの景色を楽しむとか,車内メロディを楽しむとかもあるでしょう (個人的には,昔のひかり・こだまの終着メロディが好きだった)。
まあごちゃごちゃ書きましたが,僕にとっては,何の疑いもなく新幹線を使ったというのが事実で,以上はそれにあえて理由付けしたに過ぎません。
仕事であるとか,時間がないとかの理由があれば別ですが,旅行であれば,たまには遠方まであえて飛行機を使わずに鉄道を使うというのは,鉄道ファンならずとも面白いのではないかと思います。

東京~博多に新幹線を使うということ」への1件のフィードバック

  1. 私も北九州に息子がいて1度だけ行きましたが金額がいろいろある事をしりました。近いうち行こうとおもいます。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中