文京区民の大学図書館利用特権?について

文京区民は,一定の条件の下で大学図書館を利用できるサービスがあります。

上記のリンクにはいくつかの大学がありますが,まあ女性限定になる女子大は無理だし,平日午後5時までというのも実質的に使えないので,東洋大学附属白山図書館の利用を申し込んでみました。

ここの利用は,学生の夏休み期間中に限り開放する,ということで1ヶ月ちょっとの期間なのが残念でしたが,平日も8時まで開いていたし,土休日も利用できました。しかも無料です。但し貸し出しはできません。
自宅から比較的近いのも大きいです。文京区立図書館はどこも自宅から遠く,割と愛用している小石川図書館は,徒歩で20分以上かかります。他も最低そのくらいかかります。

最近,比較的仕事が落ち着いているため,平日仕事帰りに通いました。また土日も暇なときは訪れました。
やはり蔵書の充実さは区立図書館とは段違いです。もっとも私が今回の開放期間で読んだのはプラトン全集が殆どでした (これも近くの区立図書館には置いてない)。コンピュータ関係や,もっと色々な分野の本も読みたかったのですが時間がいくらあっても足りないという思いをしました。
また館内は広くて開放感があり,閲覧席もめちゃくちゃ多く,静かだし非常に快適です。
そもそも利用者が少ない,というのもありました。100席辺り4~5人といったところだったでしょうか。まあ夏休みしかも私が利用したのは夜や土日なので,さもありなんという感じではあります。

ということで非常に満足でした。
夏休み・春休み期間の区民への開放は毎年やっているようなので,また春休み以降を楽しみにしたいと思います。
また,むしのいいことを言えば,学生の休み期間以外にも,例えば土休日と,平日の夜間に限り通年で開放,というサービスをやってくれたらいいなあ…と思いました。前述の通り,私の利用した夜間や土日はかなり空いていました (勿論夏休みだったこともあるとは思いますが)。あまり空いているのも電気や空調が勿体無いし,その辺の社会人が数人増えるくらいは影響は少ないのではと。また今の条件でも18歳以上で学生・受験生を除く,という利用条件だし,事前に区立図書館に申請する必要もあるので,例えば受験生が大挙して押し寄せて学生に迷惑をかけるとか,居場所がなくて半分眠る目的で図書館を利用する人で一杯になる,ということはないと思われます。それになんだったら有料でも私は利用したいと思います (勿論料金によりますが,かなりの価値はあると思います;まあこうなるとスポーツジムみたいですが)。

今時の学生は,図書館などあまり使わずにネットで調べて済ます,という傾向にあるのではないでしょうか (というか自分の頃も既にそうで,論文の調査などを除き殆ど図書館を利用した記憶はあまり無い)。勿論,ネットでの調べ者というのは得てして表面的なものになりやすく,学生こそが図書館などで多くの書物を読んで知識の土台を身に付けるべきだと思います。
ただ,そんなことに私が気づいたときには既に学生から遠く離れた時分で,またネット化は世の中の流れとして避けられないものです。学生の頃はネットで調べて済ませていたけれども,社会人になってもっと本格的な知識や教養を身に付けたい,と考える人はネットが普及するにつれて逆に増えるのではないかと思います。

他方,区立図書館についていえば,そもそも閲覧席が少なく,また受験生や中高生が勉強していたり,ずーっと眠っていたりする人がいたりするので,座れないこともあります。端的に言えば,読書する,調べものをする,という図書館本来の目的を果たすのに最適な環境とはいえないように思うこともあります。

こういった意味でも大学図書館の区民への開放という意義は大きいと思います。

また区内にあるし,大学に愛着を持つようになる,というのもあるでしょうか。
「箱根駅伝で応援してやってもいいか」くらいには思うようになります(笑)。もっとも応援する必要がないくらい強豪校ですが…。

あまり区のサービスを利用することはないのですが,この大学図書館区民利用ができたことは,文京区民でよかった,と思いました。
他の区や自治体などはあまり分かりませんが (実は東洋大学図書館は,板橋区民と北区民も利用できたらしい),こういうサービスを探してみるのも面白いと思います。

『楊令伝』購入書店との闘い

ついに2012年8月,北方謙三氏著の『楊令伝』の文庫版が完結しました。

物語についても色々書きたいところですが,今回は自分なりにこだわった,購入書店について書きます。

非常にどうでもいいことですが,楊令伝を買う時に,以下のようにして購入する書店を制限しました:

  • 全巻別々の書店で購入する。
  • 文京区内の書店で購入する。
  • できるだけ中小書店で購入する。

実は私は色んな書店のブックカバーを較べるのが好きで (集めるほどではありませんが),また読書後もブックカバーをしたままにすることが多いので,折角なので全て別々の書店で買えば,ブックカバーで何巻か判別できる (ああ,あの時あの本屋さんで買ったなあ,ということも思い出せる) ので面白いかな,と思いました。

また,実は楊令伝の前の物語である同著者の『水滸伝』文庫版も,全て別々の書店で購入していました。その時は地域で制限することもなかったので,それほど大変ではありませんでした (特に大手書店をよく使いました)。

今回はさらに自分が住んでいる文京区に限定し,しかも大手書店はできるだけ使わないというように,みずからハードルを上げたため,中盤以降は非常に苦戦を強いられました (Twitter にもよくつぶやきました)。10巻付近が非常に苦しかった。小さな書店をやっと見つけたのに楊令伝を置いていなかったり,何とか発見して買おうと思っていた書店が,さて行ってみると数日前に閉店してしまっていたり,と不運もありました。11巻で丸善,12巻で文教堂という大手書店を使わざるを得なかったのも非常に無念でした。でも物語が面白く,月一の発売後にじっくり書店を探すことができなかったのです。

最後には大学生協を使うという「奇策」を使い,何とか確保できました。

まあくだらないことではありましたが,書店を探すことによって文京区を色々散歩することもできたし,達成感も得られたのでよかったかなと思います。

以下が15巻+別冊の計16巻です。右上から左に1234, 5678, という並びです。

楊令伝15巻+別冊

楊令伝15巻+別冊

やはりこうして並べてみると,色んなカバーがあって楽しいです。買ったときの思い出も甦ってきます。なお15巻は大学生協購入で,自分でいくつかある好きなカバーを勝手にかけろ方式なのですが,企業広告入りでちょっと異色です。当初は文京区の図書館で貰った森鴎外生誕150年記念カバーにしようかと思ったのですが,これはこれで案外アリですね。

買った書店をまとめると,

  • 第1巻:南天堂書店 (本駒込)
  • 第2巻:Booksアイ (大塚 (茗荷谷))
  • 第3巻:BOOK EXPRESS (巣鴨)
  • 第4巻:ブックスユニ (本郷)
  • 第5巻:あゆみBooks (小石川)
  • 第6巻:あおい書店 (春日)
  • 第7巻:芳文堂書店 (小石川)
  • 第8巻:山下書店 (後楽)
  • 第9巻:音羽ブックス (音羽)
  • 第10巻:誠文堂書店 (白山)
  • 第11巻:丸善 (後楽)
  • 第12巻:文教堂書店 (本駒込)
  • 第13巻:往来堂書店 (千駄木)
  • 第14巻:成文堂書店 (関口)
  • 第15巻:東大生協 (本郷)
  • 読本:オークスブックセンター (後楽)

ていうか3巻の巣鴨 (文京区じゃない) ってなんだよって感じはありますが (汗)。まあ当時は文京区限定と考えておらず,4巻くらいから思いついたというのが本当のところです。

また,Google マップに購入店地図を作成してみました

さて,何年後になるか分かりませんが (5~6年後か?),3部作のラスト,『岳飛伝』の文庫版はどう買うか…。

物語も勿論楽しみですが,どう買うかも恐らくまた悩む (かつ楽しむ) ことでしょう。

放射線に関する公開講座に参加

今日 (2012年2月19日(日)),近所の大学で,「放射線を知る」という公開講座があったので参加してみました。
近いし無料だし,ということで散歩がてら気楽に。

内容としては,理工農医4研究科合同ということで,5人の先生が登壇され,色んな話が聞けました。特に原発事故に関連する話題に限定されていたわけではありません。
自分は勿論放射線については詳しくないので,ふーんという感じで聞くだけでしたが,とりあえず備忘録的に。

  1. 人は常に被曝している
    例えばカリウムには0.01%の割合で放射性同位体が含まれていて,バナナなんかを食べると放射能を体内に取り込むことになる。細かい数値は忘れたが,食品中の放射性セシウムの新基準などと較べても,無視できるほど小さい量ではない程度だったはず。
  2. 放射線は身近でも色んなことに使われている
    半導体改質,電線改質,注射器や手術用具の滅菌とか,色々挙げられていましたが,おや,と思ったのは,食品照射も行われているということ。滅菌など安全確保や,供給確保が目的だそうです。例えば,ジャガイモの芽止めなどに効くそうです。ただ,日本では行われていないらしい。
    「食品への放射能付着が問題になっているけど,放射線の食品照射でどのくらい放射能が残るの?」…というふうにちょっと考えてしまったのですが,それについては放射線照射では放射能は残らない,というのが答え。当然といえば当然です。
    ただ,植物の組織の破壊などが全くないともいえないようで,この辺りは寧ろ遺伝子組み換えの作物などと近い感覚なのかなと思いました。
  3. 放射線で可視化 (イメージング) やトレーサー実験などが行える
    例えば植物に放射線を当てることで,どの部分に水が行き渡っているかが可視化できる。確か原理としては流れのある H 原子のスペクトルを利用するとかいう話だったと思う。
    同様に,水田に落ちたセシウムが稲にどのように取り込まれたのか,東北を飛んでいたウグイスにどのくらいセシウムが付着しているか,なども放射線を利用して分かるということで,実際の結果の写真の紹介などがありました。
  4. 国際的な合意のある被曝の影響
    とりあえず,100 ミリシーベルト被曝するとがんになる可能性が 1.05 倍になり,それ以上の被曝は発がんの可能性がリニアに伸びていく。反面,100 ミリシーベルト未満の場合には統計的には (→広島・長崎の原爆,チェルノブイリ原発事故などの後の追跡調査の結果によると) 有意な結果は得られていないそう。これは UNSCEAR という国連の委員会が報告したことで,これが被曝に関して科学的に国際的な合意のある内容ということです。また,日本の法律もこれをベースにしているとのこと。
    勿論,なら 100 ミリシーベルト未満なら被曝してもよい,ということではなくて,100 ミリシーベルト未満についても,100 ミリシーベルト以上の場合の延長として考えて (つまり,10ミリシーベルトで発がん確率が 1.005 倍ということになる),正しくリスクとして認識する必要がある,ということだと思います。例えば喫煙や飲酒,肥満,運動不足など発がんリスクは他にもたくさんあり,それらと同列に考えるべき…と医者の立場では説明するべきと言っていました。
    よく言われることですが,放射能が少しでも付いているかもしれない野菜は食べないので食事が野菜不足になり,外部被曝が怖いので内に篭って運動不足になり…といった生活になってはそのほうががんなど健康に与える影響が大きい,という説明もありました。

といったことが印象に残りました。正直,眠っていた時間も長かったんで(笑),特に医学の先生が話した時は殆ど記憶が飛んでおります。
ただ,まあ結構参考になったなと思います。

自分などは,日頃の食べ物に放射能がどのくらい付いているか,など考えたこともなく,食品とかがれき処理とか,ちょっと騒ぎすぎじゃないの? と思うことも多いです。
その直感は概ね間違っていなかったかな,というのが放射能汚染に関しての今回の感想です。
ただまあ,小さい子供がいるとか,原発から近いとか,個々の事情があるし,放射能なんて限りなく少ないほうがいいのは確かなので,神経質になるのも分かります。結局,個人の問題で,マスコミ等は正しく騒いでくれと思います。
ソフトウェアのテストで,完全にバグがないのを証明するのは事実上不可能で,実際のテストではどれだけコストをかけられるかが問題,というのと似ていますね。放射能ゼロの野菜を10倍の値段で買うに値するとその人が思えばその値段で買えばよいのだし。
ただ,テストしなくても正しく動くことがあるのと同じように,何の検査もしないで「大丈夫です」と言うのは最悪ですが。あくまで検査の結果,定量的な放射能の量が明らかになっていないと判断はできないことになります。だから,同じ理屈で,放射能ゼロという野菜があって,それを買うのなら,その証明または主張を受け入れた結果買う,という姿勢が必要です。変な言い方ですが,放射能を気にするなら買う側にもそれなりの覚悟が必要ということがいえると思います (勿論,国の基準はどれを選んでもクリアされているという前提で,それ以上を目指す場合です)。

それと最後に,「『科学的に』といった場合にその分野で多数発表されている論文のうちどれか1つにでも述べられていれば,それは科学的根拠があるということになってしまうが,(特に昨今の放射能の分野はそうなのだと思いますが) 特定の主義・思想や政治的な思惑が絡んでいるので特定の論文に載っている主張があったとしてもそれが真に科学的とはいえない,全体として客観的に見て判断しないといけない」という話があり,これは放射能の話に限らず科学技術に関わる人間としては銘記すべきことだと思いました。

本郷で見た「緑の鳥」

私は公言している通り,東京都文京区近辺に生息しています。
文京区の色々についてもいずれ書きたいと思いますが,今回はある「緑の鳥」について。

文京区に東京大学本郷キャンパスがあり,うちからもほどほどの距離にあります。
「東大ほど入りやすい大学はない」…と書くと絶対誤解されるのですが,勿論キャンパス内には,という意味です。はっきりいって,公園としか思っていません(笑)。よく子供連れの家族が遊んだりしています。この前などギンナンを拾っているおばさんがいました。
(一応断っておくと私は東大出身ではありません。が,キャンパスへの親しみは母校以上かも。)

それで,ジョギングのついでによく立ち寄るのですが,確か2010年の秋頃が最初だったと思いますが,安田講堂の前の広場で休んでいる時に,ちょっと変わった鳥が気になるようになりました。
それは緑色をしていて,集団で行動し,ギーギーうるさく鳴き(オナガに近い感じ),何より壁に留まるのです!
コウモリみたいですね。

他の場所ではあまり見る機会がなく,気になっていたのですが,野鳥の図鑑などを見ても,これという鳥は見つかりませんでした。
緑の鳥なんてウグイスかメジロくらいしか知りません。

それがついに,昨年の暮れにようやく写真を撮ることができました。
以下がその鳥です。

木に留まっている緑の鳥

木に留まっている緑の鳥

東大正門~安田講堂のイチョウ並木の,最も安田講堂側の1つに留まっている緑の鳥。
重そうな割には枝の先に器用に留まっています。

校舎の壁に留まる緑の鳥

校舎の壁に留まる緑の鳥

安田講堂前の広場から見た,法文1号館?の壁に留まっている緑の鳥。
何と言うかものすごく図々しそうな顔つきですね。赤いクチバシがポイント。

…ということで,1年越しで恋焦がれた緑の鳥は,肥ってるし顔は生意気だし鳴き声はうるさいし壁に留まる姿が気味悪いし…という褒めるところが全くない鳥でした。

さらに,ネットで調べてみると,この鳥は,「ワカケホンセイインコ」というそうです。
元々,砂漠やジャングルに生息していて,日本ではペットが野生化したと見られているようです。さらに原産国では「害鳥」らしいです。東工大のある大岡山に大規模に生息しているようですね。
日本鳥類保護連盟のサイト
東工大幸島研究室のサイト

「害鳥」といわれると,思わずさもありなんといった感じがしました。