本郷で見た「緑の鳥」

私は公言している通り,東京都文京区近辺に生息しています。
文京区の色々についてもいずれ書きたいと思いますが,今回はある「緑の鳥」について。

文京区に東京大学本郷キャンパスがあり,うちからもほどほどの距離にあります。
「東大ほど入りやすい大学はない」…と書くと絶対誤解されるのですが,勿論キャンパス内には,という意味です。はっきりいって,公園としか思っていません(笑)。よく子供連れの家族が遊んだりしています。この前などギンナンを拾っているおばさんがいました。
(一応断っておくと私は東大出身ではありません。が,キャンパスへの親しみは母校以上かも。)

それで,ジョギングのついでによく立ち寄るのですが,確か2010年の秋頃が最初だったと思いますが,安田講堂の前の広場で休んでいる時に,ちょっと変わった鳥が気になるようになりました。
それは緑色をしていて,集団で行動し,ギーギーうるさく鳴き(オナガに近い感じ),何より壁に留まるのです!
コウモリみたいですね。

他の場所ではあまり見る機会がなく,気になっていたのですが,野鳥の図鑑などを見ても,これという鳥は見つかりませんでした。
緑の鳥なんてウグイスかメジロくらいしか知りません。

それがついに,昨年の暮れにようやく写真を撮ることができました。
以下がその鳥です。

木に留まっている緑の鳥

木に留まっている緑の鳥

東大正門~安田講堂のイチョウ並木の,最も安田講堂側の1つに留まっている緑の鳥。
重そうな割には枝の先に器用に留まっています。

校舎の壁に留まる緑の鳥

校舎の壁に留まる緑の鳥

安田講堂前の広場から見た,法文1号館?の壁に留まっている緑の鳥。
何と言うかものすごく図々しそうな顔つきですね。赤いクチバシがポイント。

…ということで,1年越しで恋焦がれた緑の鳥は,肥ってるし顔は生意気だし鳴き声はうるさいし壁に留まる姿が気味悪いし…という褒めるところが全くない鳥でした。

さらに,ネットで調べてみると,この鳥は,「ワカケホンセイインコ」というそうです。
元々,砂漠やジャングルに生息していて,日本ではペットが野生化したと見られているようです。さらに原産国では「害鳥」らしいです。東工大のある大岡山に大規模に生息しているようですね。
日本鳥類保護連盟のサイト
東工大幸島研究室のサイト

「害鳥」といわれると,思わずさもありなんといった感じがしました。

LaVie N (2004年モデル) の HDD を SSD に換装

この年末年始を利用して,学生時代に使っていた実家のノート PC (Lavie N LN500/9DB) を強化しました。

具体的には,

  1. HDD を SSD に換装
  2. メモリを 512MB (256MB x 2) から 2GB (1GB x 2) に増設

を行いました。とりあえず 1. について画像を織り交ぜて書きます。
iPhone の分解とかに較べるとニーズが皆無かと思いますが,まあ自分の備忘録になれば十分。

まず,このノート (PC Watch の記事,これの Pentium M 1.5MHz モデルだが厳密には直販で買ったのでスペックは異なる) は HDD が IDE 接続されています。IDE 接続の HDD は最近あまり聞かないし,実際選択肢としてはそんなになかったが,入手性や価格から CFD の CSSD-PMM64WJ2 にすることにしました。
この SSD は J-Micron の JMF612 というコントローラを搭載しています。SSD 登場直後からベンチをチェックしていると,「J-Micron = プチフリ」という印象がありますが,調べたところでは,JMF612 はいわゆるプチフリが起こることはないようです。

1/2 に秋葉原の Tsukumo で 9,980 円で購入。ついでに IDE 接続の 2.5 インチ HDD ケースを購入。
1/2 の神田明神
写真は地下鉄御茶ノ水駅を降りて秋葉原に向かう途中に,神田明神通りから見た 1/2 の神田明神。左に見える店で甘酒を買ったことが何度かあります。

さてここからは取り付け。

ノートを裏返して右側 (写真では上側) のネジ留めされたパネルを開けると,すぐ HDD にアクセスできます。
但し HDD と筐体もネジ留めされているので,それも外す必要有り。
そうしたら,HDD の先端についているフィルムを引っ張って HDD を引き出します。結構力を入れる必要があったと思います。

取り出した HDD と取り付ける SSD
左が取り出した HDD,右がこれから取り付ける SSD です。ここでとりあえず気になるのが,HDD に付いていて引き抜くときに引っ張ったフィルムです。HDD 全面に張ってあります。
これを SSD に張り替えようかと思ったのですが,かなり強く粘着しているので断念。
なのでその代わりにセロテープを取り出し側に張って代用としたのですが,次に取り出す時は途中ではがれてしまう可能性が50%くらいあり(笑)。まあそんな必要がなければよいのですが。

SSD を装着するときは,単に押し込むだけ。然し写真を見ても分かるように端子が何十本もあるので,少しでもずれていたらちゃんと入らないのではないかと不安になりますね。
実際,押し込むときはなかなか嵌らず焦りました。最後に「ドゴッ」って感じで何とか入りました。
以上で換装は終了。

そしてリカバリディスクから OS を再インストール~XP SP2当て~XP SP3当て。
無線 LAN が全然ダメになって,ON スイッチを押すと必ずブルースクリーンになるという最悪の状態になりましたが,NEC のサポートサイト (121ware) からドライバを入れたら解決。

HDD CrystalDiskMark 結果SSD CrystalDiskMark 結果
CrystalDiskMark 結果。左が換装前の HDD,右が換装後の SSD の結果です。
OS を入れた直後ということもあるかもしれませんがものすごく数値が上がりました。
Read を見るとシーケンシャルリードが約4倍,512Kランダムリードが約6倍,4Kランダムリードが約56倍!という結果に。(なお4K QD32 は NCQ 用ベンチということで,IDE-SSD は NCQ に対応しているはずがないので無視。) ライトはリードほどではありませんが,それでも数倍にはなっています。
ベンチを見慣れた方だと,最近の 200MB/s を軽々と超えた SATA の SSD に較べてしょぼいと思われるかもしれませんが,これでも元がひどいので十二分に速いです。

体感としても,別物と思えるほど早くなりました。換装前は,それこそブラウザのタブを切り替えるだけでも数秒かかったり,エクスプローラで「新規作成」をしようとするだけで数十秒待たされることもありましたが,そういったことは一切なくなりましたし,起動・終了もかなり速くなりました。
もっとも,この辺りはメモリを2GBにした効果も確実にあると思うので,どこまでが SSD の恩恵かは分かりませんが。

ということで年末年始は楽しめました。
メモリも含めて1万5千円程度で済みましたが,これであと XP のサポートが切れるまでは快適に使えそうです。