プラトン『パルメニデス』メモ

プラトン『パルメニデス』((プラトン全集 (岩波) 第4巻) を読んだときのメモ。

「およそあるものの形相となるものの存在を許すまいとし,それぞれ一つのものについて何か形相となるものをはっきり決めようとしないとしたら,自分の考えをどっちに向けたらいいのかさえもわからなくなるだろう。イデアが存在のそれぞれについて恒常的に同一性を保って存在していることを認めまいとするからにはね。」 (135B のパルメニデス)

「なるほどたしかに,きみが論理的究明にむかって突進して行く,その突進の意気込みはりっぱだ。いいかね,それは神々しいところさえある。しかしきみは, そういうきみ自身を引きもどさねばならんのだ。そしてもっと練習をつむことだ,役に立ちそうもないと思われ,世人が空理空論と呼んでいるようなものの中を 通り抜けて行く練習をするのだ。まだきみが若いうちにね。さもなければ,きみは真理に逃げられてしまうだろう。」(135D のパルメニデス)

「というのは,それら多数の人間は,あらゆる場合を通じて徹底的にたずね歩き,あちこち逸脱彷徨すること,そのことなしには真理にめぐり合って,正覚を得るというようなことは不可能だとは知らないからだ。」 (136E のゼノン)

以上の引用は,ソクラテスに対して言われたことですが,話の主題とは関係なく,ソクラテスが「説教される」場面というのは他の対話篇も通して初めて出てきたように思うので,まず非常に印象的です。
この対話篇『パルメニデス』は,設定としてはソクラテスはかなり若い時期で,確かパルメニデスが60歳,ゼノンが40歳,ソクラテスが20歳といったような設定と推定されると解説に書かれていたと思います (パルメニデスもゼノンも実在した結構有名な人物のようです)。
反面,この著作自体は,プラトン中期~後期に著されたとされており,プラトンによるイデア論の転換期の作品であるとも解説などに書かれています。
正直なところ,私はイデア論などどうでもよいのです (笑)。ただ,プラトンがイデア論を考えるうえでどのように悩んだのか,ということに思いを致すことができればいいなと思う。そういう意味では『パルメニデス』でソクラテスが言われていることは,プラトンの自省の意味もあったのではないか,と思いました。

そもそも,『パルメニデス』は後半の半分以上が,「一」とは何か,ということを延々と対話によって明らかにするという内容なのですが,あまり面白いとは思いませんでした。
(『ソピステス』,『ポリティコス(政治家)』とともに「論理的」と分類されるだけあります…プラトン全集はこの3作を連続で載せているので正直退屈でした。)
なので後半は殆どメモが残っていません。

「<たちまち>(忽然) というものだ。というのは,この<たちまち>は何か次のようなもの,つまりそれから両者いずれへも変化できるかのような,何かそういうものをさし示しているように思われるからだ。というのは,止まっていることからの変化は,ものがまだ止まったままでいるうちは起きないし,動きからの変化も,それがまだ動いているままでは起らないからだ。ところが,この<たちまち>というのは,本来的に何か奇妙な (所在のない) あり方をするものであって,動と静 (止) の中間に座を占めて,しかもいかなる時間の[経過の]うちにもない (時間が少しもかからないような) ものなのである。そして動いているものが静止に変化し,静止しているものが動に変化するのには,まずこの<たちまち>に入り,またこの<たちまち>から出なければならないのだ。」 (156D のパルメニデス)

ただ,これは非常に印象的なパルメニデスの言葉です。ここで言わんとしているのは「極限」または「微分」というようなものでしょう。
プラトンの時代というのは,恐らく学問,いわゆる「~学」というものが殆ど確立されていない時代だったのではないかと思います (というかプラトン自身が「アカデメイア」という大学の元になるものを設立したわけですが)。そこにあってプラトンという人は,本当に何でも思慮・洞察の対象としたのでしょう。そういう時代だからこそ自由に思索を巡らせることができた,という面もあるでしょう。またテオドロスやテアイテトス,エウクレイドスといった数学に名を残したらしい人物もプラトンの対話篇に出てきます。
真理を追求するというただ一点のみにおいて,またその一点があるゆえにあらゆる分野において,プラトンはどんなものとも繋がってくるのだと思います。それがプラトンのいう「哲学者」像 (『ソピステス』,『ポリティコス(政治家)』などでほのめかされていた) の1つだったのではないでしょうか。多分プラトンは,「哲学」という学問を作ろうとか,そういう気持ちは全くなかったのではないかなと勝手に推測します。

延々と「一」について考察する内容は退屈でしたが,プラトンの懐の深さのようなものを考えた対話篇でした。次回は『ピレボス』の予定。

文京区民の大学図書館利用特権?について

文京区民は,一定の条件の下で大学図書館を利用できるサービスがあります。

上記のリンクにはいくつかの大学がありますが,まあ女性限定になる女子大は無理だし,平日午後5時までというのも実質的に使えないので,東洋大学附属白山図書館の利用を申し込んでみました。

ここの利用は,学生の夏休み期間中に限り開放する,ということで1ヶ月ちょっとの期間なのが残念でしたが,平日も8時まで開いていたし,土休日も利用できました。しかも無料です。但し貸し出しはできません。
自宅から比較的近いのも大きいです。文京区立図書館はどこも自宅から遠く,割と愛用している小石川図書館は,徒歩で20分以上かかります。他も最低そのくらいかかります。

最近,比較的仕事が落ち着いているため,平日仕事帰りに通いました。また土日も暇なときは訪れました。
やはり蔵書の充実さは区立図書館とは段違いです。もっとも私が今回の開放期間で読んだのはプラトン全集が殆どでした (これも近くの区立図書館には置いてない)。コンピュータ関係や,もっと色々な分野の本も読みたかったのですが時間がいくらあっても足りないという思いをしました。
また館内は広くて開放感があり,閲覧席もめちゃくちゃ多く,静かだし非常に快適です。
そもそも利用者が少ない,というのもありました。100席辺り4~5人といったところだったでしょうか。まあ夏休みしかも私が利用したのは夜や土日なので,さもありなんという感じではあります。

ということで非常に満足でした。
夏休み・春休み期間の区民への開放は毎年やっているようなので,また春休み以降を楽しみにしたいと思います。
また,むしのいいことを言えば,学生の休み期間以外にも,例えば土休日と,平日の夜間に限り通年で開放,というサービスをやってくれたらいいなあ…と思いました。前述の通り,私の利用した夜間や土日はかなり空いていました (勿論夏休みだったこともあるとは思いますが)。あまり空いているのも電気や空調が勿体無いし,その辺の社会人が数人増えるくらいは影響は少ないのではと。また今の条件でも18歳以上で学生・受験生を除く,という利用条件だし,事前に区立図書館に申請する必要もあるので,例えば受験生が大挙して押し寄せて学生に迷惑をかけるとか,居場所がなくて半分眠る目的で図書館を利用する人で一杯になる,ということはないと思われます。それになんだったら有料でも私は利用したいと思います (勿論料金によりますが,かなりの価値はあると思います;まあこうなるとスポーツジムみたいですが)。

今時の学生は,図書館などあまり使わずにネットで調べて済ます,という傾向にあるのではないでしょうか (というか自分の頃も既にそうで,論文の調査などを除き殆ど図書館を利用した記憶はあまり無い)。勿論,ネットでの調べ者というのは得てして表面的なものになりやすく,学生こそが図書館などで多くの書物を読んで知識の土台を身に付けるべきだと思います。
ただ,そんなことに私が気づいたときには既に学生から遠く離れた時分で,またネット化は世の中の流れとして避けられないものです。学生の頃はネットで調べて済ませていたけれども,社会人になってもっと本格的な知識や教養を身に付けたい,と考える人はネットが普及するにつれて逆に増えるのではないかと思います。

他方,区立図書館についていえば,そもそも閲覧席が少なく,また受験生や中高生が勉強していたり,ずーっと眠っていたりする人がいたりするので,座れないこともあります。端的に言えば,読書する,調べものをする,という図書館本来の目的を果たすのに最適な環境とはいえないように思うこともあります。

こういった意味でも大学図書館の区民への開放という意義は大きいと思います。

また区内にあるし,大学に愛着を持つようになる,というのもあるでしょうか。
「箱根駅伝で応援してやってもいいか」くらいには思うようになります(笑)。もっとも応援する必要がないくらい強豪校ですが…。

あまり区のサービスを利用することはないのですが,この大学図書館区民利用ができたことは,文京区民でよかった,と思いました。
他の区や自治体などはあまり分かりませんが (実は東洋大学図書館は,板橋区民と北区民も利用できたらしい),こういうサービスを探してみるのも面白いと思います。

プラトン『ポリティコス(政治家)』メモ

プラトン『ソピステス』(プラトン全集 (岩波) 第3巻)を読んだときのメモ。

『ポリティコス』は,前回の『ソピステス』の続きという設定 (もっといえば『テアイテトス』の翌日) で,エレアからの客人が,今度は「若いソクラテス」 (有名なソクラテスとは別人) と「政治家とは何か」を明らかにしていく対話篇です。

とりあえず今回も読書したときのメモ (本文から書き写したもの) からですが,今回は特に話の本筋とは関係ない部分が多いです。話の前半は,政治家とは何かを二分探索のような形で,分類により追い込んでいく話が延々と続くのですが (これは『ソピステス』でも共通していました),その部分はあまり面白くなかったようでメモが残っていません。但し,私としてはただ読み物として読んだわけですが,研究者の視点で見るのであればそういう部分も決しておろそかにはできないでしょうから念のため付記しておきます。

「すると,われわれは,そういう見地にでも立とうものなら,その結果として,いろいろな技術自体はもちろんのこと,それらの技術が作り出す種々の作品をも,完全に破壊してしまうにいたるだろう。…こういういろいろな技術の全部は,各種の作業をするにあたって,適正な限度以上のことをおこなうことも,またそれ以下のことをおこなうことも,これを自分に無関係なこととは考えず,逆にこれをまことに有害なことと考えながら,自分の管轄する作業を厳重に監視していると言えるようだ。そして,いかなる技術にせよ,それが仕上げている作品のうちの優秀で美事だと見なされうるすべてのものは,まさにこのような考えかたをとりながら,技術が適度というものを厳守して作るものだけなのだ。」(284A のエレアからの客人)

「つまり,種々の政体の当否について判定をくだすための規準となる標識としては,…ただ,支配者がしかるべき知識を持っているか否かという点だけを,われわれは選ぶようにしなければならないのだ。」(292C のエレアからの客人)

(註:「種々の政体」は,僭主制,君主制,民主制など本編で語られるもの。「哲学者による政治」(『国家』などで語られる)は別格として含まれていないと思う。)

「いやしくも王者の持つべき知識をそなえている者であれば,この者がたまたま支配権を握っているにせよ,あるいは握っていないにせよ,まったくそれにはかかわりなく,「王者にふさわしい人」と呼ばれるのが当然なのですから。」(292E の若いソクラテス)

「大切なのは,これらの人々がどのような権力行使をおこなう場合でも,技術にもとづいてその権力を行使する支配者であるのだ,という点を承認すべきであるということなのだ。」(293A のエレアからの客人)

「したがって,「技術を用いて,かつ,被支配者の利益 (善) となるようにと思いはからいながら,被支配者を支配すること,―これが支配術である」との定義が得られる。」(293C の訳者註)

「支配者たちが知識を活用し正義を心がけつつ,国家の健全を維持するための活動者として国家に見られる欠陥を改善する仕事に全力をつくしているかぎり,ひとえにそのかぎりにおいてのみ,つまり,なによりも肝要なその点を根本原則として守っているかぎり,当の政体をわれわれとしては唯一の政体であると宣言しなければならない。」(293D のエレアからの客人)

「ところが法律というやつは,見たところどうも,この単純不変な公式を示すことだけに没頭しているようなのだ。だから考えてみれば,法律はどこかの強情で愚鈍な人間にそっくりなのだ。」(294B のエレアからの客人)

「言いかえれば,技術の力のほうが法律よりも優ることを実地にみせつけてくれるような人々の手によってはじめて正当な政体というものは作られうるのではないだろうか。」(297A のエレアからの客人)

「「国家の構成者のうちのいかなるものも,法律に違反することをなにひとつ,不遜にもおこなうようなことがあってはならぬ。そしてそのようなことを不遜にもおこなう者は,死刑をはじめとするあらゆる極刑によって処罰されるべし」という法規なのだ。じじつ,この法規こそが,いましがた説明したあの第一の最高原則をわれわれが離れて次善の原則を選ぶことにするばあい,この範囲ではもっとも正当でもっともうるわしい状態にあるものなのだ。」(297E のエレアからの客人)

(註:「第一の最高原則」というのは,少し前にも書いた「哲学者による政治」のこと。)

「だからして,この民主政体というものは,いまここで問題にされているすべての政体が法律遵守的であるばあいには,それら全部のうちでもっとも劣悪な政体なのだ。ところが,これら全部の政体が法律軽視的である場合には,そのうちでは民主政体がもっとも優秀であるのだ。」(303A のエレアからの客人)

(註:「いまここで問題にされているすべての政体」とは,支配者が1人の場合,少数の場合,多数の場合 (=民主制),またそれぞれについて法律遵守的,法律軽視的,の6通りが考えられている。)

「政府最高諸部門(つまり特殊的専門職の最高権者)の,王者による全般包括的支配統括という概念の確立こそ,政治理念一般のもっとも重要な真理の永久不可侵な一部分の発見なのであって…。」(解説 p.454)

メモは以上。
ところで解説や,「プラトンの弁明」という別に読んだ随筆 (論文) 集によると,プラトンの政治に関する著書は『国家』,『ポリティコス(政治家)』,『法律』 (年代順) が代表作とのことです。また,『国家』では「哲人政治」の提案だったのが,『法律』では法律による統治が事実上ベスト,と内容が変わってきており,『ポリティコス(政治家)』は年代的にも内容的にもまあ真ん中であるということらしい。
確かに話の流れとしては,「法律は最大公約数的なものであり,最上の国家を作るためには法律を超越した英雄が必要」というようなことが言われるのですが結局,(この間の話 (論理) はあまり覚えていないのですが) 「法律による支配が現実的にはベスト」と書かれていたように思います。この辺りはプラトンの生涯にも関係しているらしくそっち方面では面白いかもしれません。
現代でも,(きわめて基本的な事柄だと思いますが) 世の中の変化に対して法律という「網」が固定されており,それをすり抜けるものに対してどう対処すべきか,というのを考えると難しい問題だなと思います。法律というのはそれを議会で諮り,成立して発効して初めて効果が上がるようになるわけですが,どうしても時間がかかるため,そのかかる時間が世の中の変化する時間よりと長いと法律は付いていけないことになります。それに世の中の変化を正しく観測することも必要だし時間がかかります。かといってだから「法律なんて要らない」では非現実的だし代わりの案も難しいでしょう。

その視点でいえば,プラトンの書いているのは,法律を「離散」,理想の政体を「連続」ということであり,理想の政体というのは「微分可能なもの」である,といえるかもしれません。世の中の変化を瞬時に捉え,的確に対応する,というのは「微分」のようなものです。
ただ,現実には微分するすべがないため,代わりに,時間はかかるが法律で近似するのが次善,ということになるでしょうか。
…とこれは全くの妄言でした。(実は次の『パルメニデス』で,「これは微分のことを言っているのか」という箇所があったのでその影響かもしれません。)

プラトンは,前回取り上げた『ソピステス』,今回の『ポリティコス(政治家)』とともに,『哲学者』というものを含めた三部作にするつもりだったのではないか,と言われています (僕もそうにちがいないと2篇の話の流れから思います)。しかし結局『哲学者』という対話篇はありません。これは読み物としても非常に読んでみたかったですね。

『法律』も関連して読んでみたいですが,プラトン全集では『法律』は13巻なのできっと1年後じゃ済まないでしょう…。

次回は『パルメニデス』の予定。

プラトン『ソピステス』メモ

プラトン『ソピステス』(プラトン全集 (岩波) 第3巻)を読んだときに,メモったものを転記します。

『ソピステス』は,冒頭でソクラテスが,エレアからの客人という哲学者に「哲学者,政治家,ソフィストはしばしば同じように見えるが何が違うのか」ということを尋ね,エレアからの客人が,まずはソフィストから,と,テアイテトスと対話しながらソフィストとは何かを明らかにしていくという筋立てです。
ソクラテスが殆ど出てこないという点で,割と珍しいといえると思います。

プラトン全集は図書館で読むしかないので手元に無く,記憶が頼りなので上記の要約は正確ではないかもしれません。いずれにしても,内容や解説などはプラトン全集や解説本を読めばいいわけなので,ここでは自分が読んでいて気になって (印象に残って) 本文を書き写した箇所を書き落とします。相互に脈絡があるとは限らず,それ自体だけ読んでもあまり判然としない可能性もあります (正直自分でも判らないものがあります) が,元がタダのメモなのでご容赦。
また,あくまでも直観に従って書き残したもので,話の本筋と関係があるとは限りません。尤もプラトンの対話篇は,主題からしばしば道を外れて,しかもそれが内容的に深かったりするので,本筋を考えるよりもその場その場で何かを読み取ればよい,というのが私のスタンスです。

「すなわち,魂の内にある欠陥には二つの種類があること,そして,臆病や放埓や不正はすべて,われわれの内なる病気であるとみなすべきであり,他方,多種多様の無知の状態は,醜さであると考えるべきである,と。」(228E のテアイテトス)

「<非有>(あらぬもの) は確固としてそれ自身の本性をもっているものであって,それはちょうど<大>(大なるもの) が大きくあり,…<非大>(大ならぬもの) が大でないものであり,…と同様なのである。そしてその意味において,<非有>(あらぬもの) もまた同じようにあらぬものであったし,またあらぬものがあるのであって,それは多くのあるもののなかの1つの <形相> として数え入れられるべきものである,と。」(258B のエレアからの客人)

「ではまず,<思考>と<言表>は同じものではないかね。違う点はただ,一方は魂の内において音声を伴わずに,魂自身を相手に行なわれる対話 (ディアロゴス) であって,これがわれわれによって,まさにこの <思考> という名で呼ばれるにいたったということだけではないか?」 (263E のエレアからの客人)

「では正義をはじめ,一般にすべての徳の姿かたちといったものについては,どうだろう?多くの人々がその知識をもたずに,ただ何らかの思わくをもっているだけの状態でありながら,徳であると思われているその当のものが,自分たちの内にほんとうにあるように見せかけようと,きわめて熱心な努力を試みているのではなかろうか―行動と言葉によってできるだけそれを真似ながらね。」 (267C のエレアからの客人)

最後のメモは,プラトンの著書によく出てくる (例えば『ゴルギアス』など) ソフィストの一面を分かりやすく描いた部分だと思います。
何かの (例えば政治の) 技術を持っているわけではないが,説得することによって,あたかもその技術を持っているように見せかけ,それによって報酬を得る,というような人物のことで,基本的にはかなりの悪者としてプラトンの著書では描かれています。
また,(こういうことを言いたかったわけではないのですが) 今の世の中にもソフィストは多いように思われます。

読み終わってから2週間くらい経ってしまっているので中身をかなり忘れてます…今後は早めに書きたいと思います。

次は『ポリティコス(政治家)』の予定。

楊令伝の好きな人物

『楊令伝』全15巻を読み終わったので余韻のあるうちに,とりあえず好きなキャラクターについてメモ。好き,というか気になった人物も含む。

登場人物がかなり多いので,「誰が好きか」で性格診断のようなものにもなるかもしれないと思います。

なお,ネタバレもあると思います。あと人名は公式サイトWikipedia からコピペしたものが殆どですが環境によっては表示されないかもしれません。

  1. 蕭珪材
    やはり一番好きなのは蕭珪材。作中でも「蕭珪材だけは超然としている」といった描写が2~3回あったと思いますが,とにかく蕭珪材が出てくるだけで,思わず居住まいを正したくなるほど雰囲気が清々しいものになると思いました。権力争い・手柄争いとは無縁の生き方をしているからでしょう。物語的にはあまり重要な戦に関わってこない印象ですが,それも何となく蕭珪材らしいとはいえる気がします。自分はとにかく蕭珪材ひいきなので,当然のことながら岳飛などに敗れたのは納得できない,というか無念です。
  2. 童貫
    言わば梁山泊の敵の総大将ですが。理由は蕭珪材とほぼ同じで,やはりストイックに勝利を求める姿が好きです。基本ストイックなキャラが好きらしい(笑)。ただ方臘戦ではかなり苦戦し,色々と苦悩も窺え,さらに好きになりました。子午山の王進を訪れた場面はよかったです。王進,童貫,蕭珪材が一同に会したら,どんな浮世離れなことになるのだろう。
  3. 公孫勝
    呉用とうまくやっている,というだけでも何となく好きな人物。物語では,常に一歩引いたところから眺めているニヒルな役ですが,実は熱いというのを感じさせるところが好きです。『水滸伝』での林冲とのやりとりも好きでした。終盤で死ぬのですが,その時の呉用とのやりとりはちょっと感動しました。
  4. 李媛
    女性キャラで一番好きなのは李媛です。女扱いされたくない男勝りな性格,と書くと扈三娘とも共通していますが,李媛が好きなのは,理想主義者っぽくてあまりにも不器用なところと,郝瑾とお互い惹かれあっているのに結局何も無かった (郝瑾が死んでしまった) ところでしょうか。この2人は応援してたんですが,非常に切ない印象を残しました。
  5. 李明
    童貫の幕僚として地味ながら活躍していたと思います。特に,対蕭珪材戦で,韓成の率いる方臘軍の生き残りを破った場面は非常に印象的です。最後に狄成に殺されたのは少々納得がいきませんでした。堂々と戦で死ぬのならよかったのですが…。劉譲や陳翥もそうですが,楊令伝読本の人物事典に名前すら出てこないのはあまりにも不憫です。
  6. 楊令
    言わずと知れた主人公で梁山泊の棟梁ですが,私は正直まだ宋打倒後の楊令の気持ちというものを深く考えていないように思います。ずっと梁山泊は打倒宋を掲げていたわけですが,それをいざ成し遂げた時に,一体どんな国を作るのか。私自身は,14, 15巻くらいになって漸くその大変さに気づきました。政治や会社に不満を言うだけなら簡単ですが,では実際に自分がその支配者になったときにどうするか,何か考えているのか,何もできないのではないか。もっと日常の考えを推し進めるべきだと思わせてくれました。今後2週目を読むときには,この楊令の苦悩をしっかり考えねばと思います。